車のセキュリティ

愛車を守ろう!

アラーム設置と保険 アラーム設置と保険 はコメントを受け付けていません。

自動車の盗難被害はたいへん深刻なものですが、車両保険に加入していれば、事故によるキズや車体の損傷の修理などとあわせて、こうした盗難の場合についても所要の金額を補償してもらうことができます。
ただし、いざというときの支払い上限金額の設定しだいという部分はありますが、こうしたサポートを得るための保険料は、概して高額になりやすいため、イモビライザー割引または盗難防止装置割引といった割引制度があれば、積極的に使いたいところです。
自動車の盗難対策としては、キーとシリンダーの一致といった単純な仕掛けが昔から知られていますが、これでは不正に合鍵を作成するなどした場合、容易にロックが解除されてしまい、盗難のための移動を制限することができません。
そこで、シリンダーに微弱な電流を流して、専用のキーとの間で電子的なID番号を照合して、キーが本物であるかどうかを自動的に判断するイモビライザーとよばれる装置があり、現在では盗難防止装置の主流となっています。そのほかにも、GPSを使って盗難された車の現在位置を特定するようなタイプの盗難防止装置もあります。
こうした確実性の高い装置を積載した車両であれば、車両の不正な移動ができないか、できたとしても奪還が可能であり、盗難リスクが軽減されますので、おおむね5パーセント程度の保険料割引が受けられます。
イモビライザーでも盗難の際には警告音が出ますが、一体型ではなく、単なる盗難防止アラームの設置だけにとどまる場合、不正な車両の移動までは制限する効果はないため、原則としてこのイモビライザー割引は適用されないことがほとんどです。

メンテナンスの方法とは メンテナンスの方法とは はコメントを受け付けていません。

車上荒らし対策の一つとして車のメンテナンスは効果的です。全く関係の無いように思えますが、実は車上荒らし犯を欺くことができるのです。放置車両の場合、砂埃などが溜まり、明らかに「動かしていない」というのがわかってしまいます。車上荒らしはこういった車をターゲットとします。長い間動かしていないということは今後も動かす予定がないため、車上荒らしをしてもバレにくい、万が一バレたとしても犯行時期が特定されにくいといったことからターゲットにされ易くなります。そうならないためにもしっかりと手入れなどを行いましょう。ですが乗らない車の手入れもまた面倒です。極力手間を省くためには、車全体に水をかけてやること。これだけでも十分に砂埃などの汚れは落ちます。また、可能であればタイヤやホイールなどの足回りだけでもしっかりと洗ってあげましょう。車の使用頻度は足回りにも顕著に見られます。車体の一番低い部分にあるため、上からの汚れが下へ下へと落ちていき、最終的にタイヤやホイールなどに蓄積されます。水洗いだけでも汚れは落ちますので放置車両と思われにくくなります。また、フロントガラスを水洗いしてあげるのも効果的です。視界が悪い自動車、つまりガラスが汚れている自動車は動いていない、とすぐにわかります。このように部分的に洗車してあげるだけでも車上荒らしを防ぐとこができます。

設置費用について 設置費用について はコメントを受け付けていません。

最近、車の車上荒らしや盗難が非常に増えています。日本車は非常に性能が良く、海外でも高価で取引されるので盗難に遭う可能性が非常に高いのです。その為最近では国産車の殆どがイモビライザーや盗難警告連動ホーンなどの盗難防止機能を装備していますが、これでも万全とは言えません。
そこで、盗難防止装置を設置してより盗難を防止しようという事でいろいろな防止器具が販売されています。安価なものから高価なものまでありますが、盗難防止装置は費用を掛ければよいというものでもありません。価格よりも、抑止効果をどれだけ出せるかが大切です。
車上荒らしは通常、出来るだけ迅速に済ませようとするため、基本的には車を破壊して中の物を盗もうとします。その為、高価な盗難防止装置を付けても破壊されてしまうのでは意味がないのです。破壊することをためらうような盗難警告連動ホーンや、警告灯などの比較的安価なものでも、効果を発揮するものです。
盗難防止装置を取り付ける際には、価格で選ぶよりも、高価で選ぶ方が懸命です。車上荒らしや盗難を行うものにはその行動パターンがあります。その行動パターンを十分認識した上で、効果的なものを設置することが最大の対策になります。

セキュリティー製品の使い方 セキュリティー製品の使い方 はコメントを受け付けていません。

年々、車の機能が高くなってきています。
それまで、車は道具として扱われてきましたが、昨今の目を見張る技術進歩に伴い、画期的な技術が惜しげも無く詰め込まれています。
道具として長年親しまれてきた車が、現代人にとっては家電に近い親しみ方をされています。
走りや居住空間が快適になっただけではなく、電装品などを使用するにも問題が無くなりました。
それは、発電機の進化による恩恵です。
技術進歩により、それまで十分な電気を発電できずに、車で多くの電装品を使用するとバッテリーが上がってしまいました。
これは、発電機が小さな軽自動車に特にみられた症状です。
しかし、軽自動車にも多くの電装品を無理なく使用できるようになった昨今、心配事もでてきています。
それは、車上荒らしです。
車上荒らしは、目につきにくい場所に停めてある車や深夜に行われるため、前もって気付くことが困難です。
そこで、予めセキュリティー製品を購入し車を守りましょう。
特別な施工も必要ありませんし、使い方も簡単です。
設置後は、スイッチを入れたりする必要もなく常に監視してくれます。
製品を正しく使用することで、近年急増している車上荒らしの被害から身を守りましょう。

セキュリティー製品の選び方 セキュリティー製品の選び方 はコメントを受け付けていません。

日常の生活用品を買い出しに行ったり、通勤の足として使用したりと現代人の生活に密接しているのが車です。
日本で使用されている車は、世界的にみても高品質で中古市場でも新車と遜色ない車両が販売されています。
海外の方が日本の中古車を目にすると、新品同様の車両が格安で販売されていることから、非常に驚くのです。
日本の車両は、海外からの需要も高く、輸出する際には高額な料金が支払われています。
日本では、売値が付かずスクラップにするしかないような車両でも、海外に輸出すると高額な金額を手にできるので中古車業界は、積極的に海外輸出を考えています。
海外輸出を行うことで、高額な料金を手にできるという点を悪用する者もいます。
海外で特に人気のある車両を駐車中の状態から盗み出して密輸出するのです。
車を盗むとすぐに検挙されそうですが、すぐに海外に輸出してしまえば、証拠がないので検挙されることが少ないのです。
そこで、大事な愛車にはセキュリティー製品を必ず使用しましょう。
様々な種類があり、それぞれの地域と車の利用状況によって選び方を変えると良いでしょう。
盗まれてからの足取りが記録されるものもあり、以前の商品よりも詳しくなっています。

車の盗難とセキュリティー製品について 車の盗難とセキュリティー製品について はコメントを受け付けていません。

昨今の車は、以前までの車に比べ外装品が多くなりました。
以前は、車に載せられている電装品といえば、せいぜいレーダー探知機くらいでしたが、近頃では自宅と変わらないほどの量の電装品が載せられています。
代表的なものとして、カーナビが挙げられます。
カーナビは、登場時は簡単に取り外し可能な装備品でした。
ポータブルテレビのように、使用しない時は自宅などに保管しておき使用する場合に車に装備させるというものだったのです。
ところが、近頃の車はカーナビがダッシュボードに埋め込まれています。
そのため、簡単に取り外すことはできませんし持ち運ぶこともできません。
備え付けになったことで機能性が増したり、デザイン性が高まりましたが、その分セキュリティー面では不安が出るようになったのです。
カーナビは、1台の価格が高価でデータの更新が保証されている限りは、長年使用することができます。
そういった理由から古い端末でも高値で買取してくれるのです。
そのような実情から車上荒らしが多発しています。
車に載せてある大事な財産を守るためには、セキュリティー製品が必須です。
部外者が車に軽く触れただけで作動するものもあり、評判の良い機能です。

被害状況について 被害状況について はコメントを受け付けていません。

自動車は内側に装備されているさまざまな機器やパーツ類も含めて、ひじょうに高額な商品であるため、盗難や車上荒らしといった被害に遭いやすいともいえます。
自動車保険を取り扱っている全国の損害保険会社が加盟している社団法人の日本損害保険協会では、こうした自動車の盗難・車上荒らしの実態を明らかにするため、毎年定期的にその被害状況について取りまとめて公表をしています。このデータは、加盟している損害保険会社で実際に車両保険金を支払ったケース4,000件以上を対象として分析したもので、かなり細かな傾向まで知ることができる有益なものです。
一般的な傾向としては、車両本体の盗難については、やはり国産の高級車、外国車、人気の高い大型のRV車などが多くを占めており、いっぽう、車上荒らしについては、特定の車種に集中するのではなく、価格的にもかなりまんべんなく被害に遭っているということがうかがわれます。
平均的な被害金額としては、車両本体については200万円近く、車上荒らしについては25万円程度という結果が出ています。特に、車上荒らしの場合には、高級車では中においてあった現金、カードが、大衆車ではオーディオやカーナビなどの値段の高そうな機器類が、スポーツ車ではタイヤやホイールなどのパーツが狙われやすくなっています。

車種と盗難の被害について 車種と盗難の被害について はコメントを受け付けていません。

自動車は身近にあるもののなかではもっとも高価である上、鍵のかかった建物内ではなく、戸外にあることも多いことから、盗難などの被害には特に気をつけなければなりません。
日本損害保険協会では、車両の本体そのものの盗難や車上荒らしなどの被害について、全国大手の各損害保険会社が車両保険として保険金を支払ったケースを分析して、その結果を毎年度公開しています。
車両本体の盗難については、年度ごとに順位の入れ替わりはあるものの、車種によって盗まれやすい自動車がみられるなど、一定の傾向をうかがうことができます。
盗難の上位陣を占めているものとしては、大型のワゴン車、SUVとよばれるスポーツ・アウトドア向きの乗用車、セダンタイプの超高級車、ハイブリッド車などが挙げられています。
ワゴン車については汎用性が高く、発展途上国などに売り飛ばすことによって多額の金銭が稼げるということが原因とみられます。SUVやハイブリッド車については大衆的な人気の高さ、特に若者世代の支持があることから国内でも高値で売れるという事情があります。高級車については国内・海外を問わずに売却先に困らないことから、いずれの年度でも上位にランクインしています。