車のセキュリティ

愛車を守ろう!

設置費用について

最近、車の車上荒らしや盗難が非常に増えています。日本車は非常に性能が良く、海外でも高価で取引されるので盗難に遭う可能性が非常に高いのです。その為最近では国産車の殆どがイモビライザーや盗難警告連動ホーンなどの盗難防止機能を装備していますが、これでも万全とは言えません。
そこで、盗難防止装置を設置してより盗難を防止しようという事でいろいろな防止器具が販売されています。安価なものから高価なものまでありますが、盗難防止装置は費用を掛ければよいというものでもありません。価格よりも、抑止効果をどれだけ出せるかが大切です。
車上荒らしは通常、出来るだけ迅速に済ませようとするため、基本的には車を破壊して中の物を盗もうとします。その為、高価な盗難防止装置を付けても破壊されてしまうのでは意味がないのです。破壊することをためらうような盗難警告連動ホーンや、警告灯などの比較的安価なものでも、効果を発揮するものです。
盗難防止装置を取り付ける際には、価格で選ぶよりも、高価で選ぶ方が懸命です。車上荒らしや盗難を行うものにはその行動パターンがあります。その行動パターンを十分認識した上で、効果的なものを設置することが最大の対策になります。

コメントを受け付けておりません。