車のセキュリティ

愛車を守ろう!

車種と盗難の被害について

自動車は身近にあるもののなかではもっとも高価である上、鍵のかかった建物内ではなく、戸外にあることも多いことから、盗難などの被害には特に気をつけなければなりません。
日本損害保険協会では、車両の本体そのものの盗難や車上荒らしなどの被害について、全国大手の各損害保険会社が車両保険として保険金を支払ったケースを分析して、その結果を毎年度公開しています。
車両本体の盗難については、年度ごとに順位の入れ替わりはあるものの、車種によって盗まれやすい自動車がみられるなど、一定の傾向をうかがうことができます。
盗難の上位陣を占めているものとしては、大型のワゴン車、SUVとよばれるスポーツ・アウトドア向きの乗用車、セダンタイプの超高級車、ハイブリッド車などが挙げられています。
ワゴン車については汎用性が高く、発展途上国などに売り飛ばすことによって多額の金銭が稼げるということが原因とみられます。SUVやハイブリッド車については大衆的な人気の高さ、特に若者世代の支持があることから国内でも高値で売れるという事情があります。高級車については国内・海外を問わずに売却先に困らないことから、いずれの年度でも上位にランクインしています。

コメントを受け付けておりません。